プログラマースキルにあたるアルゴリズム

ソフトウェア開発において、まず必要となるのがプログラミング言語の知識である。各言語毎に、用いられている言葉やコーディングのスタイルに違いがある。コンピューターは厳密にプログラムの内容を理解するため、曖昧な部分が許されない。またプログラム言語を知るだけでは、プログラミングの仕事をこなすのは難しい。ソフトウェアの目的を果たすためには、アルゴリズムを理解し実用的に使える必要がある。動作が複雑なプログラムであるほど、高度なアルゴリズムが求められる。プログラマーとしてスキルアップを果たすには、より多くのアルゴリズムを知識として知るのが有利である。必要な処理にあわせて、どのようなアルゴリズムが適切であるのか、判断を要する。

また、既存のアルゴリズムだけでは対処できないような情報処理の必要も、ソフトウェア開発中には直面する。そのような課題に直面した時、自身でオリジナルのアルゴリズムを考案する能力が必要となる。目的の内容を分析し、どのようにすれば達成できるのかを考える。自らアルゴリズムを思いつくには、常日頃から物事を分析する習慣を身につけておくのがいい。プログラマーが自在にアルゴリズムを使いこなせるようになると、プログラミングの技術は格段にアップする。プログラマーたちは、新しいプログラミング言語の勉強を行うと共に、新しいアルゴリズムの手法を学んだり、自身でアルゴリズムを作り出すといった取り組みに積極的である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です